ぽっちゃり体型でも着こなしばっちり 着こなしのポイントとテクニック

オシャレな本を見ても参考にはならない

おしゃれの参考にしようと思って雑誌やインスタを見ても、スタイルのいい細身の人ばっかりで全然参考になりませんよね。
みんなが着ているような服を思い切って買って着てみても、体の気になる部分が強調されて鏡の前でがっかり…といった経験はありませんか?

かといって体型が隠れそうな服を着ても痩せて見えるわけでもないし、おしゃれからはかけ離れてしまいます。
それだけでなく、急におばさんぽく見えてしまいます。

ぽっちゃり体型はオシャレするのを諦めた方がいい?
いえ、ぽっちゃりだってトレンド感のある服を着こなす事はできます。

ポイントは着る服で「バランス」を整えて「錯視効果」を生み出すこと

ぽっちゃりさんにありがちなのが、とにかく体型カバーを意識して、隠しまくっちゃうケース。
とにかく体のラインが目立たない服しか着れないと、頑なに思っている方が本当に多いのです。
しかし、体型を隠そうとすれば隠そうとするほど、自分がしたいオシャレから遠ざかってはいませんか?

ぽっちゃりさんでもポイントを押さえて「バランス」「錯視効果」を駆使すれば、今すぐ着たいお洋服が着れます。
逆に、今まで着れないと思っていたお洋服をとり入れることで、体型をすっきり見せることができるかもしれません。

すっきり見せるテクニック&コーデの基本

これはぽっちゃりさんだけでなく全ての方に言えることですが、まず大事なのは、自分の体型の長所短所を知りましょう。
ぽっちゃりだからと、全てを隠すのではなく、自分の体の中での細い部分を探してみましょう。

人と比較するのではなく、あくまで自分の体の、太い部分は隠して細い部分は出していきます。
体のラインを出すのは…と考えているかもしれませんが
この考え方で改めてコーディネートを考えるとファッションが楽しくなってきますよ。

体型別1:上半身が気になるぽっちゃりさん

上半身が気になるぽっちゃりさんの抱える大きな悩みといえば、

顔を小さく見せたい
二の腕をカバーしたい

という2点に集中しますよね。

まず顔を小さく見せたい場合は、顔周りにシャープなデザインを持ってくるのがおすすめです。
Vネックやスクエアネックをチョイスし、丸い印象を軽減します。


※左:スクエアネック 右:Vネック

次に二の腕カバーです。
二の腕を隠そうと、ゆったりしたデザインでとにかく長めの袖丈を着る方がとても多いのですが、
肩から二の腕にかけての服のデザインをつかって細く見えせさせる場合、実は身長も大事な要素になります。

低身長さんは長めの袖丈を選んでしまうと、視線が下へいってしまうので、二の腕がカバーできていても全体で見たときにスタイルが余計悪く見えてしまいます。

高身長さんは長めの袖丈でもわりとバランスがとれるのですが、デザインによっては体全体が大きく見えてしまうことも。
低身長さんにおすすめなのがフレアスリーブで二の腕の一番太い部分だけ隠せる袖丈のものです。
二の腕をカバーしつつも視線をできるだけ上にもっていくことで、スタイルをよく見せることができます。

高身長におすすめなのが、長めの袖丈のフレアスリーブでも、お袖の切り替え部分が、本来のご自身の肩よりも内側にあるデザインのものです。
このようなデザインのものをチョイスすることで、錯視効果により本来の肩幅よりも狭く見せることができます。

体型別2:下半身が気になるぽっちゃりさん

下半身が気になる方は、引き締め効果を狙ってボトムスにはブラックなどのダークカラーをチョイスすることが多いかと思います。
また、シルエットも、脚のラインが出ないワイドパンツやガウチョを選んで、スキニーのようなラインが見えやすいものは履かないという声がよく聞かれます。

もちろんダークカラーも引き締め効果という点では悪くないのですが、ゆったりとしたシルエットのボトムスにダークカラーを持ってきてしまうと、重たい印象が下に集まってしまいます。

そこであえてボトムスに明るいお色味を持っていき、トップスにブラックなどのダークカラーを上半身に持っていくことで、視線が上に集まり自然とスタイルアップして見えます。

逆に脚のラインが出るタイトなボトムスの場合はダークカラーで引き締めていただくとすっきりと見えていいですね。

ここで、ボトムスの細見せテクニック。
それは足首より下を出すことで、必ず抜け感を出すことです。

足首より下はぽっちゃりさんにとって、全身の中でも大事な細見せポイントです。
ちょっとだけ足首を出して、シューズにはポインテッドトゥのヒールパンプスや、華奢なデザインのヒールサンダルをチョイスし、できるだけ肌を見せてすっきりとした印象になります。
特にアンクルストラップのついたデザインのものは、足首を引き締めてくれるのでオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回の記事はあくまでぽっちゃりの体型を上半身と下半身で分けましたが、自身の体型をもっと細かく分類することによって自分により似合う服装を見つけることができます。

まずは自分がどの分類の体型か、どんな服装が似合うのか確認して、自分によりよく似合うコーディネートを楽しみましょう。
自分に似合う服装を見つける

関連記事

  1. ぽっちゃり女子が可愛い!男性がぽっちゃり女子を「かわいい」と…

  2. 「かわいいぽっちゃり」と「かわいくないデブ」の違いは何? デ…

  3. DROP型のぽっちゃりタイプは「アクセント」を意識したファッ…

  4. 髪は顔の形で決める

    ぽっちゃり女性の髪型は顔の形で選ぶ!小顔効果抜群の楽ちんヘア…

  5. MUSCAT型のぽっちゃりタイプは「バランス」を意識したファ…

  6. BEE型のぽっちゃりタイプは「強調」を意識したファッションが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。