おデブでも非モテでも結婚できた。幸せぽっちゃりさんの秘密

幸せぽっちゃり

「モテる子はキレイな子、スタイルのいい子」

それに比べて自分は?
太いし、かわいいわけでもない。
「モテるわけがない。結婚できるわけがない」
こんな風に最初から諦めていませんか?
しかし実際に、街を歩いていて見たことがありませんか?
太ってるし、かわいいわけではない。
なのに男性と一緒に歩いている。
おそらく彼氏か、旦那さんですよね?
ではなぜそういった人は、彼氏が作れたのでしょうか?結婚できたのでしょうか?
今回は失礼ながら、かわいいわけではない「おデブさん」「ぽっちゃりさん」を対象にアンケート調査を行いました。
(掲示板サイト「ミルトーク」にて調査を行いました)
その中でも特に結婚した「おデブさん」「ぽっちゃりさん」が、結婚するために気を付けていたこと5つを紹介していこうと思います。

結婚するために気を付けるポイント1「ガサツな部分を出さない」

ガサツな部分を出さない

結婚するために気を付けていたポイントとして、一番多かったのがこのガサツな部分を出さないという点でした。

「ただでさえ体型にコンプレックスを持ってて、顔もかわいくないのにガサツだったら終わってるから。」(37歳/主婦)

「仮に自分が男だったとして、ガサツな女性は体型と改善に無理。」(29歳/派遣)

「付き合った男性は少ないながら少しはいますが、自分がガサツ飛ばれた瞬間に連絡が取れなくなったことが何度かあります(笑)やっぱり最低でも気配りができないとだめですね」(32歳/専業主婦)

などなど、やっぱり自分の体型にコンプレックスを持っているからなのか、それ以外のことは基本的にできないとダメ。
そう思っている女性は少なくないようです。
もちろん、ほかにも気を付ける点というのはたくさんあるとは思いますが、この「ガサツであってはいけない」というのは、結婚するための最低条件と言ってもいいのかもしれませんね。

結婚するために気を付けるポイント2「自分からリクエストをする」

自分からリクエストする
このリクエストするというのも大事なポイントの一つのようです。

「相手のことを考えて、なんでもいいよと言っていたが相手からするとはっきりしてほしいらしい。なんでもいいっていう女性は、めんどくさいわ。と言われたのを今でも覚えているので、自分の意思をしっかり伝えるのは大事。」(34歳/専業主婦)
「一緒にいて楽しいと思ってもらう、もしくは楽しんでもらえると思わせてあげるという意味で。「なんでもいいよ」どこでもいいよはご法度」(40歳/専業主婦)
「自分からデートに行きたい。あそこで食事したい。あの店に行きたい。とわがままにならない程度に提案するのはすごく大事。実際に」(34歳/専業主婦)
彼に「どこ行きたい?」と聞かれて「どこでもいいよ」と答えると男性は困ってしまいますし、「俺と一緒にデートするのは面倒くさいのかな…?」と不安にさせてしまいます。
カフェなど行ってみたいところを可愛くおねだりし、彼の『彼女をよろこばせることが出来た!』という達成感や満足感を与えるのはいいことですね。
小さいお願い事をして、彼に『俺は彼女の願いをかなえる力がある。彼女に頼られてる。』と自信をつけさせるのも、彼に好かれるポイントの一つかもしれません。

結婚するために気を付けるポイント3「彼の話を尊重・傾聴」

彼の話を尊重

結婚するため大事なのが尊重することは当たり前ですよね。

「男性って話すのが好きな人が多いんですけど、適当に聞くのだけは本当にダメです。めんどくさいかもしれませんが、興味がある風で聞いてください。それだけで好感度がかなり高くなりますよ」(28歳/専業主婦)
「適当なのは本当ダメ、それが相手の趣味であっても話であっても丁寧に聞いてあげることが大事です。」(26歳/派遣)
「態度で相手がこの人ダメだなって思ったらもう終わりなんです。この人の態度悪いって思ったことありますよね?それが聞く姿勢であったり、ほかの事でも。悪い印象を植え付けてしまうきっかけになるんです。だから相手によく思われないような態度だけは気を付けて避けましょう。」(29歳/パート)
とにかく彼の思想や思考を尊重は大事なようですね。
また自分の興味のない話を、彼が熱心に語っていても適当に聞いていては、ダメですよ。
これらを繰り返すことで『この女性は俺の事を理解してくれている!』と彼からの信頼を得ることは大事です。

結婚するために気を付けるポイント4「料理がうまい」

料理がうまい

料理ができる女性は素敵って言いますから、結婚するためのポイントの一つとして重要ですね。
「私は料理を親に教え込まれました。せめて料理はできる女であれと言われて育ててもらったのでそこは本当に感謝です。私は間違いなく料理で胃袋をつかんで結婚することができました。」(45歳/専業主婦)
「料理ができる女性が好きって言われてプロポーズされました。私ではなくて料理なんかーいって思いましたがこんな私でも結婚できたので(笑)間違いなく料理ができることは大事だと思います。」(28歳/会社員)
「毎日食べたいって言ってもらってから弁当をと食ってあげるようになり、気付いたら結婚するまでに至っていました。」(34歳/専業主婦)
「胃袋をつかむ」なんて言葉があるようにやっぱり、彼の好みをリサーチしてご飯や弁当を作ってあげると効果絶大のようです。
二人で会話を楽しみながらご飯を食べると、男性も結婚後の生活を想像しやすいのかもしれませんね。
家庭的な女性であることをアピールすることも『結婚』のためには必要だと思います。

結婚するために気を付けるポイント5「笑顔が大事」

笑顔が大事

「笑顔が可愛いねって言われたときに好きになってしまった感がありましたね。やっぱり笑顔をかわいいと思ってくれるっていうのはうれしいですよ。」(34歳/専業主婦)
「やっぱり顔が丸いですから、むすっとしてる顔は自分でも見れたものじゃないんですよ。笑顔が魅力って言われなくても笑顔でいることは印象付けとして大事だと思いますよ。」(25歳/パート)
「何があっても笑顔。むすっとしてても好かれるのは美人だけです。」(34歳/専業主婦)

 

自分の容姿に自信がないと、つい暗い表情を作ってしまいがちかもしれません。
しかし、あえて明るい笑顔を見せることで、彼に未来の家庭をイメージさせることができ、結婚を意識させることができるかもしれません・

おわりに

今回はアンケート掲示板を使いたくさんの既婚おデブ、ぽっちゃりさんにお話を聞きました。
ほとんどの人が今はとても幸せな家庭を築いるようです。
結婚願望のある独身女性のみなさん、「どうせ…」と諦めるのはやめましょうもったいないです。
必要なのはよく見てもらう努力ですよ!
ぜひ参考にして、あなたの幸せをつかんでくださいね!

関連記事

  1. ぽっちゃり女性向け!マッチングアプリのプロフィール・自己紹介…

  2. 婚活パーティでモテるコーデを身につけよう

  3. ぽっちゃり女子結婚の秘策 婚活パーティで「結婚本気度の高い男…

  4. 婚活パーティに行ってきました。

    最近人気の婚活に実際に行ってみた結果

  5. 「ダイエット女子」より「おデブ」や「ぽっちゃり」の方がモテる…

  6. デブでも愛されたい。自分が「愛されるための場所選び」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。